一人暮らしのベッドはサイズ選びが重要!おすすめブランド3選と選び方を紹介

一人暮らしを始める際に、どのサイズのベッドが快適か、または布団の方が良いかなど、迷う方は多くいます。

忙しい日々に向き合うためには、快適な睡眠環境を整えてしっかりと体を回復させることがとても重要です。

そんな重要なベッド選びですが、「一人暮らし ベッド」と検索すると、数多くの情報が表示されて困惑すると思います。

そこでこの記事では、一人暮らし向けのベッド選びのポイントと注意点について解説します。

どのサイズが最適か、どのような機能や特徴を重視すべきか、その疑問にお答えします。

また、おすすめのベッド家具ブランドもあわせてご紹介します。

一人暮らしのベッド選びで失敗したくない方、理想の睡眠環境を手に入れたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

一人暮らし向けベッドの選び方と注意点

一人暮らしで快適な睡眠環境を整えるためには、適切なベッドの選び方が重要です。

しかし、一人暮らし向けのベッドの種類やサイズ、機能などは多岐にわたるため、どのように選べば良いのか迷うこともあるでしょう。

そこで、まず最初に一人暮らし向けのベッドの選び方と注意点について詳しく解説します。

一人暮らしのベッドを選ぶ手順は以下の通りです。

  1. ベッドの種類を選ぶ
  2. 必要な機能や特徴を考える
  3. スペースと収納のバランスを考える
  4. マットレスの素材も確認する

1. ベッドの種類を選ぶ

「ベッド」と言っても、その種類によって使い道は大きく異なります。

そのため、ベッドを選ぶ際には、それぞれの特徴を理解して、自分の目的に合っているかどうかを見極めることが重要です。

ベッドの種類は主に以下の7種類に分けられます。

  • ローベッド
  • ロフトベッド
  • ソファベッド
  • 脚付きマットレス
  • すのこベッド
  • 収納付きベッド
  • 折りたたみベッド

例えば、「収納スペースが限られている」と感じている場合には、ベッド下を有効に活用できるロフトベッドが最適です。

また「来客用にソファも欲しい」と考えているのであれば、ソファベッドがいいでしょう。

ベッドは簡単に買い替えられるものではありません。

価格やデザインにばかり目を向けるのではなく、最適なベッドを選ぶということに重点を置きましょう。

2. 体のサイズに合わせて選ぶ

一般的に、一人で寝るときにはシングルベッドを使用することが多いイメージがありますが、全ての人にシングルサイズが適しているわけではありません。

身長や体型は、人それぞれ異なります。

たとえ同じ大人であっても、小柄な方もいれば、がっしりとした体型の方や背が高い方もいます。

身体的に大柄な方が、十分なスペースを確保して寝るためには、比較的小さなシングルサイズのベッドではなく、セミダブルやダブルを選ぶことが適切です。

ベッドが体型に合っていない場合、良質な睡眠をとることができず、疲れがとれにくくなる可能性があります。

なので、スペースが限られている部屋でも、自分の体型に合ったベッドを選ぶことが重要です。

3. スペースと収納のバランスを考える

家具の中でベッドは一番スペースをとり、限られた一人暮らしのスペースに大きく影響を与えます。

シングルサイズでも、幅100cm、長さ195cmの面積を占有しているので、他の家具との調和を考えるのは困難です。

しかし、一人暮らしではベッド以外にも収納やテーブルなど、様々な家具が必要になります。

ベッドのサイズを選択する際には、快適な生活を送るために他の家具の配置も考慮する必要があります。

もし、どうしてもベッドを優先したい場合は、多機能タイプのベッドを利用してスペースを確保する、または広い部屋に住むなどの工夫をしましょう。

4. マットレスの素材も確認する

ベッドマットレスはすべて同じではなく、スプリングなどの内部構造によって寝心地が大きく変わります。

人生の3分の1を過ごすと言われる睡眠の時間に、より快適な休息を得るためにも、自身の体型に合った最適なマットレスを見つけましょう。

一般的に寝具として用いるマットレスの中では、コイルスプリングを編み上げて作ったタイプが広く普及しています。

強い弾力と体の固定性により、寝心地に優れていますが、コイルスプリングの素材や並べ方によって、睡眠の質やマットレスの寿命に影響を与えます。

なので、マットレスを選ぶ際には慎重に検討する必要があります。

また、コイルスプリングには以下の2種類が存在します。

ベッドマットレスの種類はポケットコイルとボンネルコイルの2種類のコイルスプリングがある
出典:https://www.ikea.com/

ポケットコイル

ポケットコイルとは、1つ1つのスプリングを小さな袋で包んでマットレス全体に敷き詰めている技術です。

スプリングが独立しているので、体圧分散性に優れ、包まれるようなフィット感で良質な睡眠を提供します。

コイルの数が多ければ多いほど、体をサポートする点が多くなるため、より快適な寝心地を実現できますが、価格も高くなります。

ボンネルコイル

ボンネルコイルとは、ワイヤーでつながったバネが敷かれたマットレスです。

ポケットコイルとは対照的に、ボンネルコイルは体を面で支えるため、硬めの寝心地になり、適度な体圧分散効果があります。

なので、寝返りの回数が多い人におすすめです。

ボンネルコイルは、比較的低価格で手に入りますが、劣化するとキシキシと音を立てることもあるので、購入時には注意が必要です。

一人暮らしのベッドのサイズは?

一人暮らしを始める際に気になるのが、ベッドのサイズです。

自分に合ったベッドのサイズを選ぶことで、快適な睡眠環境を作ることができます。

ここでは、3つのベッドサイズについて解説します。

シングルサイズが向いている人

シングルサイズは、小柄な方に最適なベッドサイズです。

特に一人暮らしの方にとっては、自身が快適に休息できることが大切です。

また、部屋のスペースが限られている場合にも、シングルベッドがおすすめです。

部屋の広さが7畳以下の場合は、スペース上の制約が厳しくなるので、コンパクトで場所をとらないシングルベッドが最適でしょう。

また、転居を検討されている方にも、シングルサイズのベッドはおすすめです。

組み立てや修復時にも、1人でも簡単かつ迅速に行うことができます。

セミダブルサイズが向いている人

体格が大きい、寝相が悪い、広々と寝たい方にはセミダブルサイズがおすすめです。

身体の疲れを癒すためには、快適な就寝環境が欠かせません。

そのため、体格が大きい方には、ゆったりと休めるセミダブルベッドが最適です。

シングルベッドでは手足がはみ出ることがあり、身体的な不快感や疲れを引き起こす可能性があります。

また、寝相が悪いと、シングルベッドでは転落の危険があるのでおすすめできません。

セミダブルベッドは、シングルベッドよりも一回り大きいので、寝相が悪くても心配ありません。

ダブルサイズが向いている人

ダブルベッドは、2人で寝ても十分なサイズを持ち合わせています。

なので、友人やパートナーが泊まりに来ることも想定する場合は、ダブルベッドがおすすめです。

また、ダブルベッドは、シングルベッドよりも幅が広く、横のスペースに余裕があり、広々と快適に眠ることができます。

ダブルベッドは体格が大きめの方でも十分なスペースがあって、心地よい睡眠をサポートしてくれるでしょう。

ペットと一緒に寝るときにも、窮屈さを感じることはありません。

ですが、ダブルベッドを設置するには、部屋のスペースが十分に必要で、小さくても7.5畳以上の広さが必要になります。

お部屋によっては設置スペースを圧迫する可能性があるので、十分に注意して選ぶようにしましょう。

一人暮らしのベッドおすすめブランド3選

ここまでベッドの種類の選び方について解説しましたが、ベッドを選ぶ際には、信頼できるブランドを選ぶことも大切です。

そこで次に、一人暮らし向けのベッドを提供するおすすめのブランドを3つご紹介します。

  1. LOWYA
  2. cacom
  3. BED STYLE

1. LOWYA

LOWYAのベッド
出典:https://www.low-ya.com/

福岡県に本社を構える、ファストインテリアブランドのLOWYAは、上質かつおしゃれな家具・インテリアを提供する家具ブランドです。

2006年にオンライン販売を開始し、自宅で手軽にショッピングが楽しめるようになりました。

現在は、楽天市場やAmazonなどのモールサイトでも購入することができます。

LOWYAは、低価格でありながら高品質な家具に特化していて、一人暮らしの方でも手軽に購入できるデザイン性に優れた商品を数多く展開しています。

特に、北欧テイストの木製ローベッドや機能的で美しいシステムベッドは、多くの人から高い評価を得ています。

2. cacom

cacomのベッド
出典:https://cacom.jp/

株式会社cacom(カコム)は、実店舗を持たず、オンラインショップを通じてオリジナルベッドとマットレス、さらにはインテリア家具を幅広く取り揃えています。

ベッドの「デザインと機能性」やマットレスの寝心地の良さに定評があります。

その理由のひとつは、ハイスペックなクオリティにもかかわらず、良心的な価格帯を実現できている点です。

ベッドとマットレスを一緒に購入すると、費用がとても高くなってしまいますが、cacomでは1万円台から購入することができ、さらに送料も無料です。

近年は、大型家具のベッドやマットレスをインターネットで購入する方が増えています。

「実物を見ないと決められない」という方は、評判や口コミといった情報を参考にして、商品を選ぶことも可能です。

3. BED STYLE

BED STYLEのベッド
出典:https://www.bedstyle.jp/

BED STYLEは、おしゃれなデザインと優れた収納力を備えた多数のベッドが揃っている、ベッド専門の通販サイトです。

ベッド専門なので豊富な品揃えに定評があり、ショールームや実店舗はない分、商品を低価格で提供しています。

中でも収納機能を備えたベッドが人気で、2,800点以上の商品を取り扱っています。

また、北海道や沖縄、離島地域を除いては、送料無料でお届けしてくれます。

さらに以下の記事では、一人暮らしにおすすめのベッドをご紹介しています。

ベッドブランドで絞るのではなく、実際の商品を見てみたい方は、あわせて参考にしてください。

»一人暮らしのお部屋に最適なおすすめ人気ベッド18選

一人暮らしにはベッドと布団どちらがおすすめ?

ここまではベッドについてご紹介しました。

ですが、一人暮らしの限られたスペースを考えると、布団で寝るという選択肢もあります。

実際に一人暮らしでベッドにするか布団にするか迷っている方は多くいます。

そこで次は、ベッドと布団のどちらかを選択する上で、参考になる向き不向きについてご紹介します。

ベッドが向いている人

一人暮らしにおいて、以下のような方にはベッドがおすすめです。

部屋の広さに余裕がある

ベッドは一定のスペースが必要になるので、お部屋の広さに余裕がある方にはベッドがおすすめです。

特に1LDK以上のお部屋に住んでいる方は、寝室を作ることができるのでベッドが便利でしょう。

広いスペースでくつろぎながら寝ることができ、布団を毎日畳む手間も省くことができます。

いつでも寝れるスペースが欲しい人

ベッドはいつでも寝る準備が整っているため、寝たい時にすぐに寝ることができます。

疲れた時やリラックスしたい時に便利です。

また、在宅ワークなど家にいる時間が長く、昼寝をする人にもベッドはおすすめです。

寝やすさを重視したい人

ベッドは体をしっかりサポートしてくれるので、寝やすさを重視する方には最適です。

睡眠の質を高めたい方は、ポケットコイルのマットレスを使用して、より快適にすることもできます。

適切なマットレスや枕を選ぶことができるので、快適な睡眠環境を求めている方はベッドを選ぶと良いでしょう。

寝具のインテリア性を重視したい人

ベッドはインテリアの一部としても魅力的です。

おしゃれなデザインやカラーバリエーションが豊富なので、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

また、シーツや掛け布団など、気分に合わせてデザインを変えることも可能です。

ベッド下に収納スペースを作りたい人

ベッドの下には収納スペースを作ることができます。

シーズンオフの衣類や寝具をしまっておくことができ、お部屋をすっきりと保つことができます。

一人暮らしの限られたスペースでは、お部屋の広さには限界があるので、縦のスペースを有効活用するという意味でもベッドはとても便利です。

こまめに選択するのが面倒な人

布団は季節や洗濯のタイミングによっては、干したり洗ったりする必要があります。

一方でベッドは、ベッド下のスペースによって通気性が良くなるので、比較的清潔な状態を維持しやすい特徴があります。

洗濯はシーツだけでいいので、手間も省くことができます。

布団が向いている人

一人暮らしにおいて、以下のような方には布団がおすすめです。

部屋が狭い場合や部屋のスペースを広めに確保したい人

布団は畳んで片付けることができるので場所をとりません。

ベッドよりもスペースを有効活用することができます。

限られたスペースを有意義に活用したい方は、布団がおすすめです。

家具購入費や処分費を抑えたい人

布団は比較的コストを抑えられる選択肢です。

ベッドはフレームやマットレスを購入する必要がありますが、布団は低価格で手に入れることができます。

また、引越しの際の引越し費用も抑えられます。

寝られればどこでも良い・固めの寝心地が好きな人

布団は畳や床の上に直接敷くことができ、場所を選ばずに使えます。

体にフィットして、しっかりとしたサポートをしてくれるので、機能的でとても便利な存在です。

また、固めの寝心地が好きな方にも布団は向いています。

布団を片づけたり洗ったりすることが苦ではない人

布団は、清潔感を保つためにも、こまめに干したり洗濯する必要があります。

家事の手間が増えるので、面倒に思う人も少なくないでしょう。

ですが、そのような手間が気にならない方は、布団という選択肢を検討しても良いでしょう。

どちらがおすすめ?

一人暮らしにおすすめの寝具は、個人の好みや生活スタイルによります。

ですが、布団とベッド双方にはメリットとデメリットがあります。

なので、布団とベッドの選択に関しては、先述した内容を踏まえて検討してみてください。

【最後に】一人暮らしは自分好みのベッドで快適空間を作ろう

今回は、一人暮らしのベッド選びについてご紹介しました。

一人暮らしのベッド選びには、サイズ、ブランド、ベッドと布団の違いなど、いくつかのポイントがあります。

おすすめのネットショップもご紹介したので、ぜひ一度商品を確認してみてください。

また、初めての一人暮らしをこれから始める人は、ぜひ実際にベッドのサイズを体験して、お部屋の広さを考慮して選んでみてください。

お部屋の広さがあっても、配置によってはベッドを置くことができない場合もあるので、計画的に選ぶことをおすすめします。

-関連記事-

YouTube

N203 | Room tour

チャンネル登録

\Follow Me/